調布市の皮膚科で治療しよう!種類によって異なるニキビの治療方法

調布市の皮膚科で治療しよう!種類によって異なるニキビの治療方法

レディ

ニキビのタイプについて知ろう

ひとくちにニキビと言ってもすぐに治る軽いものから皮膚に跡が残るレベルの重いものまでいろいろとタイプがありますが、大きくわけると「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」に分かれます。その原因は毛穴に皮脂や汚れが詰まることにる毛穴の角質化です。ホルモンバランスや皮膚や状態によりますのでニキビのできやすい人がいればニキビができにくい人もいるのです。調布でニキビにお悩みの人は専門の皮膚科に相談してください。

女性

症状が軽いニキビ

白ニキビも黒ニキビも、初期段階ではどちらも比較的症状が軽い事が特徴です。どちらかと言えば比較的白ニキビの方が早めに対処すれば皮膚に深刻な影響を与えずに済むでしょう。白ニキビの原因は「乾燥肌」もしくは「雑菌が毛穴に入り込んだ事」が考えられます。適度に洗顔をし、こまめなスキンケアが必要です。万が一悪化してしまったら皮膚科へ相談しましょう。調布でもニキビの相談ができる皮膚科があります。

鏡を見る人

症状が重いニキビ

症状が重いニキビは「悪化してしまったニキビ」です。白ニキビや黒ニキビを放置すると毛穴にアクネ菌が増殖し、赤ニキビへと変化します。中には膿がたまってしまっているのでこれをつぶして出そうとすると顔にクレーターよのうな跡がついてしまいます。時には痛みを伴ったり熱を持ったりするので無視はできません。適切な処置をしないばかりに長期間ニキビの症状に悩まされる人も少なくないのです。調布にお住まいの方でニキビを治したい方は早めに皮膚科に受診しましょう。

ニキビ跡の種類を比較しよう

ニキビ跡のクレーター型とは

ニキビの跡が月のクレーターのような状態で残ることを「クレーター型」と称します。ニキビ跡では最も重い跡で、ニキビが肌の奥の層にまでダメージを与えている証拠です。こうなる前に早めの対処が必要です。

ニキビ跡の炎症型とは

炎症型とはニキビが炎症して鎮まってもその跡が赤く残る状態をさします。皮膚な平らですが、色はしばらく残ってしまいます。セルフケアでも回復可能ですが皮膚科へ行く事をお勧めします。

広告募集中