皮膚科に通うべき人

皮膚科に通うべき人は薬の副作用(薬疹)や、アレルギー、アトピーにかかってしまった人や吹き出物やニキビができてしまた人です。港区やさいたま市にも薬疹やアレルギーに対処できる皮膚科があります。特に薬疹やアレルギーは素人判断で対処することは危険なのでなるべく皮膚科に通いましょう。

美容皮膚科と皮膚科の違いとそれぞれの特徴

医師

皮膚科で対処できる症状

皮膚科で対処できる症状はニキビや皮膚の黒ずみ、アレルギー、薬疹、やけどなどです。ひどい乾燥肌や敏感肌にも対処してもらえます。また害虫に刺された場合なども対処してもらえますので速やかに受診しましょう。港区やさいたま市の皮膚科でも対処してもらえます。

女性

皮膚科の治療方法

皮膚科での治療方法は症状によって違いがあります。例えばニキビなどでは薬の塗布や針やレーダーでの摘出が一般的です。アレルギーなどはパッチテストをして該当する症例の投薬や塗り薬などを処方します。アトピーなどでは光線などを当てたり投薬を施したりします。港区やさいたま市での皮膚科でも様々な症例に合わせた治療を行う皮膚科があります。

女の人

治療後の過ごし方

例えばレーザー治療などを受けた後は、治療した後にしばらく赤い点などが残りますが、その後はかさぶたのようになります。これを無理にはがさず自然にはがれるのを待ちましょう。治療法によっては治療後の過ごし方が違ってきますので医師からの指示に必ず従うようにしてください。港区やさいたま市で皮膚科を探すときは術後経過を含めた口コミなども参照にすると良いでしょう。

[PR]
赤ニキビ治療を東京ではじめよう
優良医院を厳選紹介

美容皮膚科との違い

美容皮膚科とはどのようなものか

美容皮膚科とは健康保険のきかない自由診療を行っている皮膚科をさし、シミ抜きやシワ取りなど「美容」に特化しているのが特徴です。美容向けの治療をしたい人は港区やさいたま市の美容皮膚科を探しましょう。

皮膚科と美容皮膚科の違い

「皮膚科」はアトピーやアレルギー、乾燥肌などを健康保険が効く一般治療を実施する皮膚科で、美容皮膚科は健康保険がきかない自由診療をする美容向けの皮膚科という違いがあります。港区やさいたま市でも皮膚科、美容皮膚科がそれぞれありますので検索してみましょう。

皮膚科に行く前に知っておきたいこと

皮膚科へ行くときは自分の症例が辛くて行く場合が多いですが、薬などは塗らずに行きましょう。また顔のニキビなどを治療する場合、ノーメイクで行くのがおすすめです。絆創膏やキズパワーパッドなどもはがしてから受診するよう心がけてください。

よくある皮膚科に関する質問

鏡を見る人

皮膚科を初めて受診するときの持ち物は?

皮膚科を初めて受診するときの持ち物は、これまで塗っていた塗り薬や、副作用の原因となっている可能性のある薬などを持参すると良いでしょう。お薬手帳などがあると便利ですね。

家で使っていた薬の情報は皮膚科で必要なのか

薬剤が症例にあっているか、それが原因で悪化していないかを調べることができるので、皮膚科を受診する際は家で使っていた薬を持参してください。もちろん受診する際は薬は塗らないでおいてください。

皮膚科でのレーザー治療はどのようなものなのか

皮膚科ではレーザー治療を施すことが多いですが、アトピー用のレーザー、ニキビ用のレーザー、シミ取り用のレーザーなど病状や症例によってレーザーの種類と当て方が違います。自分がどのレーザー治療を受けるのか医師の説明を聞いてください。

季節によって皮膚トラブルは違うのですか?

皮膚トラブルは季節によって違います。単純に冬は乾燥肌、夏はあせもなどです。特にあたたくて湿度の高い春と夏は皮膚トラブルがもっとも多く、水虫が活発となる季節でもあります。皮膚科に受診するレベルまで放っておかずに予防対策もしましょう。

皮膚科では必ずステロイド剤を処方されるのでしょうか

皮膚=ステロイド剤という印象が根強くありますが、皮膚科によってステロイド剤の扱いには細心の注意を払っているケースもあります。処方される薬が気になるならあらかじめ口コミなどを調べておくのもポイントです。

[PR]
港区で皮膚科に通う
料金について事前に確認!

[PR]
調布でニキビ治療をはじめよう
専門クリニックをピックアップ☆

[PR]
目黒で評判の良い皮膚科を受診
肌トラブルを撃退☆

広告募集中